星なかまの集い
~天文楽サミット~

「星なかまの集い~天文楽サミット~」は、難しいことはわからないけれどとにかく星や宇宙が好きという人から、地道に観測・研究活動をされているベテランアマチュアの方まで、いろいろな人が集まる、年1回の楽しい集まりです。

※明石城

第8回「星なかまの集い~天文楽サミット~」の開催について

誤送信のお詫び

2018年1月17日に、発表予定者宛にお送りするメールを、誤って前回の参加者宛に送信してしまいました。メール配信システムの不備によるものです。大変恐れ入りますが、メールを受け取られた方は無視してください。ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

開催日時

2018年2月11日(日), 2月12日(月、祝日)

会場

プログラム(予定)

今回は宿泊の用意はありません。宿泊予定の方は各自でご手配ください。

2018年2月11日

18:00
受付
19:00-21:00
懇親会(軽食)

2018年2月12日

09:00
受付
09:30-12:00
研究・活動発表
参加者による日ごろの活動や研究の発表(ポスター形式)
12:00-13:30
昼休み 昼食は近隣の飲食店等でお取りください。
13:30-14:30
講演会
梅本真由美さん(天文台マダム)・梅本智文さん(国立天文台)
内容:お楽しみに
14:45
森本奨励賞発表
15:00
閉会

講師紹介

梅本真由美さん
長野県出身。天文学者の妻として、国立天文台の中に住んだことがあるという体験の持ち主。
国立天文台のあれこれをユーモラスに描いたホームページ 「天文台マダム日記」 を公開したことにより「天文台マダム」のニックネームで呼ばれるようになる。これがきっかけとなりライターに転身。月刊星ナビ 、月刊天文ガイド、朝日新聞、各種Web、機関誌 ほかに執筆。取材経験をいかしたサイエンスカフェや対談などの講演活動も行っている。

梅本智文さん
福岡県出身。1990年 東北大学 大学院理学研究科 天文学科専攻 博士課程修了。理学博士。野辺山宇宙電波観測所、水沢VLBI観測所を経て、 2013年より再び野辺山宇宙電波観測所(勤務地は三鷹)。星がどのように生まれその質量がどうして決まるかを明らかにするため、 野辺山45m電波望遠鏡を用いた天の川銀河の分子雲を くまなく観測する「銀河面サーベイ」に携わる。NHK高校講座「地学」講師、三鷹ネットワーク大学講師なども勤める。
2月11日、明石市立天文科学館で、梅本夫妻を迎えて特別投影が開催されます。星なかまの集い参加者の皆さんもご参加いただけます。参加受付の際に希望をお聞きします(特別投影の入館料は星なかまの集い参加費に含まれています。特別投影に参加を希望されない・できない方には、入館料相当分の何かを用意します)。

参加定員

100名

参加申し込み

2018年1月6日午前9時から、WEBサイト上で受付。

参加費

2日間とも参加
4,000円
2日目だけ参加
2,000円

主催

「星なかまの集い~天文楽サミット~」実行委員会

研究・活動発表の募集

今回もまたたくさんの応募をお待ちしています。

(1) 発表内容は、自身の天文活動に関するものであれば何でも構いません。
たとえばこんな研究をした、観測をした、同好会・サークルの紹介をしたい、写真を撮ったので見て欲しい、望遠鏡にこんな工夫をした、こんなものを作った、など、多彩な発表内容が集まるとうれしいです。
過去の発表については、過去の開催内容のページに掲載していますので参考にしてください。
(2) ポスター発表となります。
ポスターの掲示スペースは、模造紙一枚程度を予定しています。
掲示方法(テープ留めか画鋲かなど)の詳細は後日お知らせします。
(3) 発表時間は2日目の午前中となります。ポスターの掲示・閲覧は1日目から可能なように考えています。
(4) 発表時間の最初にアピールタイムを設けます。
アピールタイムは、口頭で、どのような発表をされるのかを紹介いただく時間です。
あくまで「こういう発表をするので見に来てください」というアピールで、発表そのものではありません。
時間は1分程度で口頭のみ(プロジェクタ等使用不可)となります。
(5) 事前に、当日配布資料に掲載するまとめを提出いただきます。
このまとめは、集い終了後、「星なかまの集い」のWebサイトで公開されます。

まとめはA4一枚程度。そのまま印刷できるよう、できればPDFで、指定のメールアドレス宛に添付メールで提出いただきます。
締め切り:2018年1月21日
(6) 当日の発表者の中から森本奨励賞を選びます。
(7) 発表の申し込みは、参加受付の際に一緒に受付いたします。

「星なかまの集い~天文楽サミット~」とは

星空を眺めたり観察したりすると、いつも新鮮な感動や驚きに出会います。それが一人ではなく、仲間と一緒ならもっと大きな感動や驚きになり、楽しみも広がるでしょう。

星や宇宙が好きなみなさん、一堂に集まって交流しませんか?

自分以外の星が好きな人達って、どんな楽しみ方をしているのだろう。自分の楽しみ方も広く紹介したいし星好きのなかまも見つけたい。そんなみなさんの思いをかなえてくれるのが「星なかまの集い」です。また、天体写真は撮れるけど、活用する方法を知りたい。きれいな天体写真を撮れるようになりたい、そんな思いの方にも、「星なかまの集い」はお役に立つはずです。

「ゆるやかなミーティング」を理想とし、難しいことはわからないけれどとにかく星や宇宙が好きという人から、地道に観測・研究活動をされているベテランアマチュアの方まで、いろいろな人が集まる楽しい会にしたいと考えています。

開催記録

第1回:2011年2月19日(土)~20日(日)
兵庫県立西はりま天文台公園
第2回:2012年1月28日(土)~29日(日)
ホテル姫路プラザ / 姫路市花の北市民広場
第3回:2013年3月2日(土)~3月3日(日)
西脇市立青年の家 / にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」
第4回:2014年2月1日(土)~2月2日(日)
明石市立勤労福祉会館 / 明石市立天文科学館
第5回:2015年2月28日(土)~3月1日(日)
兵庫県立大学西はりま天文台公園
第6回:2016年2月27日(土)~2月28日(日)
西脇市立青年の家 / にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」
第7回:2017年2月25日(土)~2月26日(日)
兵庫県立こどもの館 / 姫路市宿泊型児童館『星の子館』

森本奨励賞

「星なかまの集い」では、実行委員でもあった、「森本おじさん」こと電波天文学者・森本雅樹さん(2010年11月急逝)のご遺族からのご芳志で、「森本奨励賞」を創設しました。当日の発表・パネル展示の中から、優れた、また将来に向けて一層発展させていくことを大いに期待する活動・観測研究等を選定し奨励します。

森本奨励賞規定

[PDF] 森本奨励賞規定

森本雅樹さんについて

おじさんのページ 森本雅樹さんの個人サイト
アストロアーツ:【訃報】国立天文台などの名誉教授 森本雅樹氏

受賞者

第1回(2011年2月19日~20日)

「Sauce on Star活動報告」
山口 圭介(Sauce on Star)
「分光観測によるM1の膨張速度について」
宗光健太、柴田耕平(兵庫県立大学附属高校)
「デジカメ星空診断の展開」
小野間 史樹(星空公団)

第2回(2012年1月28日~1月29日)

「移動式プラネタリウムを活用したがん患者・家族への緩和ケアサロンの効果」
宇野さつき
「星カフェSPICA ~都会の星スポット~」
山口圭介(Sauce on Star)
「加古川宇宙科学同好会」
細谷秀樹(加古川宇宙科学同好会)

第3回(2013年3月2日~3月3日)

「金環日食時の照度の変化 ~空の明るさに影響を与えた太陽周辺減光~」
冨田小冬、林萌々音、橋口健太、後藤大輝
「夜空の明るさ調査」
松本朱音
「聴覚障害者への天文普及活動『天文手話』」
飯塚高輝

第4回(2014年2月1日~2月2日)

「だれでも気軽に星空ロマン パート4」
川崎 忠昭
「ホスピス観望会での体験談」
礒部みさき
「月の写真が解き明かす公転の謎」
後藤 大輝、田島 怜一郎、橋口 健太、林 萌々音、志村 保乃佳、冨田 小冬、山田 祐月【ハートピア安八ジュニア天文倶楽部】

第5回(2015年2月28日~3月1日)

「子どもによる子どものための天文ふきゅう」(※投票による選考)
山吹組(冨田理恩、松本珠樹)
「プラネタリウムドームを作製して」(※審査による選考)
兵庫県立舞子高等学校
先進理工類型 井出 彩香、村上 菜月
天文気象部 西田 侑加、酒井 祐美

※第5回は1組を参加者全員の投票で、1組を審査で選定しました。

第6回(2016年2月27日~2月28日)

「A.S.C活動50周年を迎えて」
アストロ・サイエンス・クラブ 松岡 晴美
「光害とその対策」
龍野高校自然科学部天文班 麦踏 松秀
「豊中天文協会の活動」
豊中天文協会 中川 均

第7回(2017年2月25日(土)~2月26日(日))

「アイマス天文部 スターライトステージ」
みなともP
「小惑星による恒星食を見てみよう」
橋本 秋恵
「『理カフェ』~市民の 市民による 市民のための サイエンスカフェ~」
茶木 恵子

ページトップへ